3年と少し前に東京から地方に移住たヒロシです

3年と少し前に東京から地方に移住たヒロシです。
でも「ヒロシです!」のヒロシじゃありません。
正確には2013年9月に引っ越したので、もう移住してから3年半ほど経ちます。
東京から地方の田舎町に移住して気づいた事や驚いた事、生活の色々などつづっていこうと思います。
ちなみに私は40代の独身です。
まあもしも家族がいたら、そう簡単に東京から地方に移住する訳にも行きませんけどね。
独身だからこそ身軽で簡単に移住できたのかもしれません。
でも移住するのは簡単でも生活の勝手は色々と違うようで・・・
東京では考えられない事も多々あるのが、地方の田舎町の良い所でもあり悪い所でもありますね。
生活のサイクルや時間の流れ、田舎ならではのルールなどなど。
私の移住生活は毎日が驚きの連続でした。
さすがに3年以上生活するとある程度慣れてはきますが、時間のゆったりとした流れだけはまだまだ馴れませんね(笑)
ちなみに私が移住したのは岡山県の某地方都市です。
実際は某地方都市というよりも・・・完全に田舎町です。
さすがに村ではありませんがね\(^▽^)/
いわゆる”町”というやつです。
私は東京でも”23区”と”市”にしか住んだ事がないので、”町”という場所に住んだのは生まれて初めてです。
まあ岡山県のような地方になると、”市”と言っても市内に山もあれば畑もあるし田んぼもあります。
東京では郊外までいかないと山なんか見れません。
ましてや東京都内で田んぼなど一度も見た事がありません。
さすがに畑は23区内でもあるので見た事はありますがね。
さらに道を歩いていると野生動物に遭遇する事があったりなどなど!
これには本当に驚きました∑(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!
だって東京じゃあ道を歩いて遭遇するなんて、野良猫ぐらいしかいないじゃないですか( ̄□ ̄;)!!
それが普通に野生動物が道を歩いているんですよ。
しかも真昼間に!
そんな事、東京じゃ考えられませんからね。
でももちろん良い驚きもあります。
なんて言っても空気がきれいで、水や食べ物がとっても美味しいのです。
夜になると普通に夜空に浮かんでいる星がキラキラと輝いています。
東京のようにネオンサインなんか全くありません。
水も水道の水が普通に飲めますし、地元で採れた新鮮な野菜を買う事も出来ます。
何せその野菜を作っている、おじさんやおばさんの顔が見られるというのは良いですね。
産地直送野菜とはこの事です。
というよりも私が住んでいる場所がそもそも産地なんですけどね。
そんなこんなで田舎に移住して田舎暮らしをすれば色んな発見や驚き、良い所もあれば悪い所もあります。
地方の田舎にじっさいに住んでみて、見た事や聞いた事、そして感じた事などをこれから色々とつづっていこうと思います。